芸能人の英語力

芸能人の英語力偏差値を比較するサイト

 
5
7
12
14
15
17
19
21
22
02


英会話ができない3つの理由 ラスト

こんにちは。
山本です。


うるう年の今年は1日だけでも
多く時間をもらえた気になって
何だか嬉しいです。


さて、英語回路トレーニングのキャッシュ
バック募集期間が残り4日(3/3まで)
となりました。
↓ ↓
http://www.gljeigo.jp/training/

*既にご参加表明されている方々は
スタートまでもうしばらくお待ちください。
(テキスト発送は募集終了後、
集計作業を終えてからになります)


それでは、本日も引き続き
「英会話ができない理由」
の続きですが、本日が最後のコラムです。


英語回路トレーニングの
キャッシュバック募集の時だけ


お伝えしている内容ですので、
是非参考にしてください。


前回は英会話をマスターしていく上で
必要な3つのベースの1つである
アクティブ化した語彙力についてお伝えしました。


3つのベースとはこちらです。


1:英文を瞬時に英語のまま理解できる文法力
2:アクティブ化した語彙力
3:一定レベルの発音力


何度も言いますが、このベースが無ければ
英会話スクールに通っても、留学しても英会話を
マスターしていく事は厳しいのが現実です。


本日は残りの一定レベルの発音力に加えて、
更に違う視点で英会話ができない理由も
お伝えしましょう。


【日本語の論理思考(文法)に引きずられる?】


発音を語る前に、前回の最後にお伝えした
チャンキングとも関わる内容から
お伝えしますね。


英会話や英語力がなかなか
上がらない人達に共通している事が、


日本語の論理思考(文法)に
引きずられてしまうケースが
多いという事です。


その中でも代表的なものが
英作文の練習です。


英作文とは日本語の文章を
英語に変換する作業です。


学校のテストでも問題として
良く出題されましたね。


これはこれでとても効果的ですが、
英文に対応する日本語の論理思考(文法)
に引っ張られてしまい、


いつまで経っても英語を
話す時あるいは書く時には


日本語で考えなければならない状態
になってしまう人達がたくさんいます。


もちろんその状態になっても
処理速度が早ければ良いのですが、


上手くいかない人達の多くは
いつまでも日本語の論理思考に
引きずられたままで


余計に英語の瞬発力や反射神経を
落としているケースもありました。


弊社の英語回路トレーニングでも
アウトプットの為に一部英作を行いますが、


もっと直訳型で更に文法要素を
イメージさせていく日本語を独自に使い、


これをトリガー(引き金)にして
この問題を解消しています。


英作でも和訳でもどちらにしても、
綺麗な意訳は必要ありません。


学校英語ではどうしても理解度を測る為に
意訳をさせる傾向があるのは仕方のない事ですが、


意訳はどちらかというと国語の範囲です。


もう何度も言いますが、
これこそ僕らが日本で英語教育を


何十年も受けているのに
実践で使えない元凶です。


この事実には相当な自信があります。


なぜなら直訳やイメージで感じる
英文のルールを徹底させたら操れるように
なる人達が続出しているからです。


これを突き止めた時には何と
晴れやかな気持ちになったことか(笑)。


文科省はいち早くこの事実に
気がつくと良いのですが・・・


文章構造の真逆な2つの言語を
強引にそれぞれのルールで理解しようと
すること自体がナンセンスです。


それができるのは同じ構造を持つ
中国人や欧州の人たちです。


特に欧州の人達は加えてアルファベット
も使うのでそりゃ楽ですよ。


僕ら日本人や韓国人(日本語と韓国語は
同じ構造のため)は悲しいかな、


もし母国語(日本語or韓国語)を使うなら、
英語のルールをそのまま採用して


母国語(日本語or韓国語)を崩して
いかないと使えるようになりません。


しかしそれができるのは
母国語(日本語or韓国語)の論理を
理解している、操れる大人だからこそです。


逆に言うと日本人が韓国語を学ぶ、
または韓国人が日本語を学ぶ時は・・・


そうです、母国語を使いながらマスター
すること、つまり意訳でもマスター可能
という事になるのです。


事実、日本語をマスターする韓国人の
スピードと言ったら凄まじく早いです。


でも韓国人も英語は大の苦手です。
中々マスターできません。


ここに共通点が見えませんか?



【英語発音のレベルは上げる必要があるのか?】


今日の本題から少しそれましたが、
それでは英会話をマスターする上で必要な


3つのベースの最後になりますが、
一定レベルの発音力についてです。


英語の発音に関しても非常にレベルの
低い人達が英会話ができない
という傾向が見られました。


決して発音マニアになる必要も
ネイティブと同レベルの発音になる
必要もありません。


僕もネイティブ並みの発音では
ありませんし、


発音が上手いか?と言われれば
それ程上手いとは自分でも思っていません。


しかしネイティブからは
全く問題ないと言われています。


ある一定レベルがやはり
発音にもあります。


せっかくインプットした内容が
発音の悪さで伝わらなかったり、
伝えることができなかったり、


口が動かないだけで無意識に
その英単語やチャンクを


拒否して使わないのは
もったいない事です。


要するに知識レベルの指令が
口の動きの筋肉レベル(運動レベル)に
連動していないと、


思うようなスピーキングが
出来にくくなります。


ですから口の動きを運動レベルで
別途ある一定のレベルまでトレーニング
する必要があるのです。


せっかく頭の中には色々な英文を
組み立てられる能力があるのに、


口が自然と動くレベルに無いので
一拍「間」が出来てしまいます。


理由はただそれだけなのに、


「自分はやっぱり思うように
英語が話せない・・・」


ともったいない落ち込み方や
勘違いをしている人が実際にいるのです。


また発音が上達すると
リスニングにも効果があります。


自分で音をプロデュースできるように
なれば音の聞き分けがスムーズに行きます。


この当たりもリスニングに
相乗効果があるので実力も上がる
要因かとは考えています。


そしてリーディングも発音力が
上がるのと比例して


スムーズに心の中で読めるように
なり相乗効果が見られました。


発音は英語が母国語でない人達には
それぞれの特徴があって良いという主張が
ありますが・・・


僕もそれは同感です。


しかし残念ながら日本人の発音は
特徴というレベルに届かない状態です。


英語と日本語は発声する何もかもが
違いすぎるからです。


そして英語発音は上達していくと
英語学習自体も楽しくなっていきます。


【素早い会話に対応するためには?】


そして素早い会話に対応するためには、
発音もそうですが、音としての慣れが必要です。


これは3つの全てのベースがあった上で
取り組む必要があるのですが、


英語は日本語とは違い子音が
とても重要になってきます。


子音同士が繋がり連結音(リエゾン)を
起こしたり、消失音を起こしたりします。


これが後でスクリプトを見れば
直ぐに理解できても実際に聞いて
分からない1つの原因となっています。


また素早い会話では決して
正しい英文法を話していない
ケースもあります。


これも実際の会話を通して
対応していかなくてはなりません。


ただし、これは・・・


英文を前からどんどん即時に
理解していける力があった上で
成り立ちます。


アクティブ化している英単語のベースが
あって成り立ちます。


発音で一定レベル以上の
発せられる力があって成り立ちます。


ですから素早い会話に入る前に、
以下のチャックをしてみて下さい。


アクティブ化している英単語が
ベースにあるのか?


瞬時に前からザクザク英文を
理解出来る力があるのか?


発音の理解(特に子音を発するメカニズムが
理解しているか)ベースがあるのか?


さぁ、これまで英会話ができない理由
とその対策をお伝えしてきました。


僕は相当な自信を持ってこれらを
お伝えしています。


それは膨大なコストと手間を
かけてここまで調べ上げて、


どうして日本人の大人は
英会話をマスターする事が難しいのか?


という答えを見つけ出そうと
方法論を確立しようとした事が
きっかけです。


大人が英会話を挫折する事なく
マスターしていくプロセスは


これまでお伝えして来た事が
間違いないと断言出来ますし、


それに対して異論反論があれば
どんな事でも答える自信があります。


それぐらい調べあげ、指導を通して
英会話をマスターしていく人達を
見てきたからです。


是非お役立て下さい。


ここまでお読み頂き、
ありがとうございました。



PS:

メール個別指導なら1日約444円という
参加費用で個々の環境や能力に合わせた、


あなただけのカスタマイズされた
英語回路トレーニング指導の募集は


今日を含めて残り4日間(3/3)で締切ります。
http://www.gljeigo.jp/training/


もし独学や英会話スクールなどに通って
いても上達に限界を感じているなら・・・


是非英語回路を身につける
その1歩を今すぐ踏み出して下さい。


早い人なら6ヶ月で身につける事
が可能です。


1日5分聞き流すだけ・・・や
英会話スクールにいきなり飛び込んで


英会話をマスターした人などいません。


大人の場合は海外留学したって同様です。


英会話に堪能な人が近くにいるなら
どうぞ聞いてみて下さい。


英語回路があって初めて
英会話はマスターできるのです。


そして英会話を自由に操るようになって
東京オリンピックの時など色々な
外国人と交流しましょう!


海外ドラマや映画を字幕には出て来ない
もっとライブ感ある感情で感じましょう!


既に国境を超えているグローバル社会が
引き起こす格差社会に仕事で負けないよう
今より人生をより豊かにしましょう!


僕はこの世の中から英語難民が
消える事を自分の体験を
通して願っています。


個別指導という特徴の為、
残念ながら多くの方々に提供できる
サービスではありませんが・・・


膨大な手間とコストがかかるこの事業を
2008年から継続する理由はよもや
そこにしかありません。


そして既に英語回路を身につけて、
英会話を自由に操る仲間達がいます。


ほんの少し前まで英文法という
言葉にすら拒否反応を示していた、


彼ら彼女らの中には英語を教える事を
仕事にする人達まで出ています。


次はあなたの番です。


あなたが英語回路構築へ1歩踏み出し、
実際のトレーニングでお会い出来る事を
楽しみにしています。


残り4日(3/3まで)で募集を締切ります。
1日約444円で個別指導が受けられる
↓ ↓
http://www.gljeigo.jp/training/




管理人が唯一認めている新しい英語発音法
サイト内の動画(約18分)を見るだけでも価値がある!

----------------------------------------------
 ■90分でネイティヴに通じる美しい英語が話せる
-------------------------------------------------

■発表!ついに新しい英語学習法をジェームス・スキナーが実用化
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 「7つの習慣」など228万部のベストセラー作家でビートたけしの TVタックルなどのメディアでもおなじみのジェームス・スキナー が教える、90分でネイティブに「美しい英語!」と言われる方法(DVD)

 waterの一言も通じなかった男性が 4ヶ月後にはネイティヴと英語で談笑できるようになりました。
 

 サイト内でも洋楽シンガーやラジオDJ、英会話講師、同時通訳者が「こんな英語プログラムが欲しかった」と絶賛しています。

 来年こそ、英語ペラペラになりたいあなた、
 TOEICやTOEFLのスコアをアップさせたいあなた、
 いますぐこちらをクリックしてください


90分でネイティヴに通じる美しい英語が話せる

02/27のツイートまとめ

eigodojyo

英会話がどうしてもできない理由の続きです。今回は語彙力に関することです。「英会話ができない3つの理由 その4」https://t.co/YIUwfnYnEm
02-27 21:53




管理人が唯一認めている新しい英語発音法
サイト内の動画(約18分)を見るだけでも価値がある!

----------------------------------------------
 ■90分でネイティヴに通じる美しい英語が話せる
-------------------------------------------------

■発表!ついに新しい英語学習法をジェームス・スキナーが実用化
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 「7つの習慣」など228万部のベストセラー作家でビートたけしの TVタックルなどのメディアでもおなじみのジェームス・スキナー が教える、90分でネイティブに「美しい英語!」と言われる方法(DVD)

 waterの一言も通じなかった男性が 4ヶ月後にはネイティヴと英語で談笑できるようになりました。
 

 サイト内でも洋楽シンガーやラジオDJ、英会話講師、同時通訳者が「こんな英語プログラムが欲しかった」と絶賛しています。

 来年こそ、英語ペラペラになりたいあなた、
 TOEICやTOEFLのスコアをアップさせたいあなた、
 いますぐこちらをクリックしてください


90分でネイティヴに通じる美しい英語が話せる

英会話ができない3つの理由 その4

こんにちは。
山本です。


こちらは非常に良い天気で
朝方は寒かったですが気持ちの
良い1日でした。


さて、英語回路トレーニングのキャッシュ
バック募集期間がほぼ残り5日(3/3まで)
となりましたのでおしらせします。
↓ ↓
http://www.gljeigo.jp/training/

*既にご参加表明されている方々は
スタートまでもうしばらくお待ちください。
(テキスト発送は募集終了後、
集計作業を終えてからになります)


それでは本日も引き続き
「英会話ができない理由」
の続きです。


前回は英会話をマスターしていく上で
必要な3つのベースの1つである


英文を瞬時に英語のまま理解できる文法力を
身につける方法についてお伝えしました。


3つのベースとはこちらですね。


1:英文を瞬時に英語のまま理解できる文法力
2:アクティブ化した語彙力
3:一定レベルの発音力


何度も言いますが、このベースが無ければ
英会話スクールに通っても、留学しても英会話を
マスターしていく事は厳しいのが現実です。


本日は2番目のアクティブ化した
語彙力を身につける方法です。


【語彙力の低さに対処する方法?】


語彙力は英単語を暗記している数だと
誤解されるケースがありますが、


アクティブ化(能動的な利用可能)
しているか?


パッシブ化(受動的な利用可能)
しているか?


という2つに分かれます。


アクティブ化は英単語を日本語訳を介さず、
英語のまま理解していて(英単語からその単語を
イメージで理解しているケースも可)


能動的に使える状態です。


またパッシブ化とは英単語を日本語訳を
介して理解していて受動的に使える状態です。


ただ単に英単語の暗記量が多くても、
パッシブ化している状態ならそれは
インプットシーン(読む・聞く)では役立っても、


アウトプットシーン(話す・書く)では
役立つことは難しくなります。


アクティブ化している英単語なら全てのシーン
(読む・聞く・書く・話す)で使えます。


だからと言って、決して英単語が
パッシブ化しているからダメだ
ということではありません。


難易度の高い英単語や難解な英文や
専門的な内容の英文に時間的余裕を持って


読める時にはパッシブ化している
状態でも有効です。


更にパッシブ化している状態でも
出来る限り多くの反復を行う事で


アクティブ化に移行する
ケースもあります。


特殊な場合を除いては、
速い反応速度が求められる


コミュニケーションシーンで
英単語はやはり出来るだけ多く
アクティブ化している事が必要です。


そして英単語をアクティブ化するには
3つのアプローチがあります。


1:英英辞書などを使い英語⇒英語で
ダイレクトに学ぶ


2:英語⇒イメージ⇒英語という
イメージをはさむプロセスを入れる


3:日本語⇒英語という変換を瞬時に行う
(あるいは英語⇒日本語の瞬時変換でも良いが
この場合は日本語⇒英語よりも多くする必要あり)


2番目の方法で途中イメージを
はさむ場合に日本語の助けを借りて
イメージするのももちろんOKです。


私が今考えると英語回路と
呼べるものを身に付けた時、


英単語をアクティブ化させたのは
1番目の方法でした
(時折3番目を併用しながら)。


しかし指導した中でアクティブ化数が
最も多かった方法が3番目の方法でした。


日本語から英語への瞬時変換です。


よって弊社の英語回路トレーニングでは
3番目を採用していますが、


これも導入するタイミングがあります。


例えば英文を理解するベースがないのに、
やみくもに英単語をアクティブ化しても


使える(読む・聞く・書く・話すシーンで)
ことができません。


これは良く色々な書籍に出ている
短文暗唱も同様です。


数多くの短文を暗記したり、
会話集を丸暗記しても応用力が
効かないのです。


これにしてもタイミングと
ステップがあります。


つまりそれが英単語であれ短文であれ、
「自覚して意味編成をしている感覚」
の無い中で丸暗記を行なっても


機械的に対応するオウム返しのような
状態になりとても実践的とは言えません。


少し違う状況に陥ると途端に
何も言えなくなってしまいます。


恐らくこのタイミングやステップを
しっかり知ってあるいは調べて
実践している人達は非常に少ないと思います。


このタイミングとステップを
見つけ出すのにとても苦労しましたが、


「何だこういう事か!」と霧が晴れたように
スッキリした時を今でも覚えています。


ただ闇雲に短文暗唱なんてしても
効果などあるわけありませんし、


英単語にしてもそうですが、
覚えられるわけがありません。


この英単語のアクティブ化と
英文のイメージ化(英文を瞬時に
理解できる力)が


英語のコミュニケーションシーンの根幹で
あると言っても過言ではありません。


【チャンキングを実践させていく方法?】


英単語のアクティブ化と英文イメージ化に
加えてもう1つ突っ込んだ技術があると


とても楽に英文をあらゆる
コミュニケーションシーンで
捉える事が出来ます。


それがチャンキングと呼ばれる技術です。


チャンキングとは英文をチャンクで
捉えて行く技術でもあります。


これは単純に技術なので誰でも
トレーニングすれば習得可能です。


またチャンクとは人間が一度に
情報処理できる単位の事で、
通常7+-2で5つ~9つの間です。


最近では4+-1(3つ~5つ)という事も
言われていますが、


基本的に当社では5つ~9つの範囲で
対応しています(どうしても厳しい場合は
3つ~5つでも対応します)。


英語のコミュニケーションシーン
(書く・話す・読む・聞く)では


いつでもチャンク単位に収まる
範囲内で捉える事が大切です。


だから先日もお伝えした、
直訳などで前からどんどん捉えていく
練習が必要なのです。


初心者は特に一語一語で捉えて
しまう為に意味処理も遅くなります。


これを解消するには


チャンクごとに区切って読む、
聞く、話す、書くという訓練が必要です。


特に話す時などはチャンクとチャンクの間に
つなぎ言葉としてwell, you know,などといった
言葉を挟みトレーニングします。


あるいは少し間を空けます。


これは弊社が採用している音読の1つで
オーラリングという音読があります。


単純に自分の声だけで読む方法ですが、
チャンク単位は2、3語という短い単位でも
構いません。


2、3語であれば例え初心者であっても
その意味を味わいながら、理解しながら
音読する事が可能です。


もちろん読む時はスラッシュなど
を入れて読んでも構いませんが、


なるべくそれは早い段階で止めて、
スラッシュの助けなしに進める方が
もちろん良いです。


ただし、スラッシュリーディング
とは少し違います。


スラッシュリーディングは区切った箇所から
最終的に文章全体を繋ぎ合わせて意訳に
持っていくことが基本です。


チャンキングは最初日本語の力を
借りる場合は変な日本語でも良いので前から
どんどんダイレクトに捉えて行きます。


そうすることで英語を話しながら
あるいは聞きながら、


同時に英語で考える事が
日本語の力を使ってでも
可能になっていきます。


それがチャンク(2、3語であっても)
でのオーラリング音読と重なる事で
自由に英語を組み立てて行く力が身につきます。


以上が語彙力を上げて行きながら、
チャンクという技術を積み上げて行く
大切さです。


3つのベースを構築しながら
リスニング・スピーキング・リスニング・
ライティングという技術を積み上げる。


そのステップやタイミングを間違えると
英会話をマスターする道のりで
非常に遠回りする事となります。


3つのベースのうち残りは発音ですが、
本日も少し長くなりましたので、
続きはまた次回お届けしますね。


ここまでお読み頂き、
ありがとうございました。


PS:

メール個別指導なら1日約444円という
参加費用で個々の環境や能力に合わせた、


あなただけのカスタマイズされた
英語回路トレーニング指導の募集は


残り5日間(3/3)で締切ります。
http://www.gljeigo.jp/training/


もし独学や英会話スクールなどに通って
いても上達に限界を感じているなら・・・


是非英語回路を身につける
その1歩を今すぐ踏み出して下さい。


早い人なら6ヶ月で身につける事
が可能です。


1日5分聞き流すだけ・・・や
英会話スクールにいきなり飛び込んで


英会話をマスターした人などいません。


大人の場合は海外留学したって同様です。


英会話に堪能な人が近くにいるなら
どうぞ聞いてみて下さい。


英語回路があって初めて
英会話はマスターできるのです。


そして英会話を自由に操るようになって
東京オリンピックの時など色々な
外国人と交流しましょう!


海外ドラマや映画を字幕には出て来ない
もっとライブ感ある感情で感じましょう!


既に国境を超えているグローバル社会が
引き起こす格差社会に仕事で負けないよう
今より人生をより豊かにしましょう!


僕はこの世の中から英語難民が
消える事を自分の体験を
通して願っています。


個別指導という特徴の為、
残念ながら多くの方々に提供できる
サービスではありませんが・・・


膨大な手間とコストがかかるこの事業を
2008年から継続する理由はよもや
そこにしかありません。


そして既に英語回路を身につけて、
英会話を自由に操る仲間達がいます。


ほんの少し前まで英文法という
言葉にすら拒否反応を示していた、


彼ら彼女らの中には英語を教える事を
仕事にする人達まで出ています。


次はあなたの番です。


あなたが英語回路構築へ1歩踏み出し、
実際のトレーニングでお会い出来る事を
楽しみにしています。


残り5日(3/3まで)で募集を締切ります。
1日約444円で個別指導が受けられる
↓ ↓
http://www.gljeigo.jp/training/



管理人が唯一認めている新しい英語発音法
サイト内の動画(約18分)を見るだけでも価値がある!

----------------------------------------------
 ■90分でネイティヴに通じる美しい英語が話せる
-------------------------------------------------

■発表!ついに新しい英語学習法をジェームス・スキナーが実用化
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 「7つの習慣」など228万部のベストセラー作家でビートたけしの TVタックルなどのメディアでもおなじみのジェームス・スキナー が教える、90分でネイティブに「美しい英語!」と言われる方法(DVD)

 waterの一言も通じなかった男性が 4ヶ月後にはネイティヴと英語で談笑できるようになりました。
 

 サイト内でも洋楽シンガーやラジオDJ、英会話講師、同時通訳者が「こんな英語プログラムが欲しかった」と絶賛しています。

 来年こそ、英語ペラペラになりたいあなた、
 TOEICやTOEFLのスコアをアップさせたいあなた、
 いますぐこちらをクリックしてください


90分でネイティヴに通じる美しい英語が話せる

02/26のツイートまとめ

eigodojyo

英会話がどうしてもできない理由の続きです。今回は英文法に関することです。「英会話ができない3つの理由 その3」https://t.co/dvesxEqAtp
02-26 19:55

非常に役立つあなたの人生を変える10個のことが紹介されていました。そこからbyの役割を理解しましょう。「あなたの人生を変える10個のこと(byの役割)」https://t.co/9NaeF9KEFl
02-26 16:15




管理人が唯一認めている新しい英語発音法
サイト内の動画(約18分)を見るだけでも価値がある!

----------------------------------------------
 ■90分でネイティヴに通じる美しい英語が話せる
-------------------------------------------------

■発表!ついに新しい英語学習法をジェームス・スキナーが実用化
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 「7つの習慣」など228万部のベストセラー作家でビートたけしの TVタックルなどのメディアでもおなじみのジェームス・スキナー が教える、90分でネイティブに「美しい英語!」と言われる方法(DVD)

 waterの一言も通じなかった男性が 4ヶ月後にはネイティヴと英語で談笑できるようになりました。
 

 サイト内でも洋楽シンガーやラジオDJ、英会話講師、同時通訳者が「こんな英語プログラムが欲しかった」と絶賛しています。

 来年こそ、英語ペラペラになりたいあなた、
 TOEICやTOEFLのスコアをアップさせたいあなた、
 いますぐこちらをクリックしてください


90分でネイティヴに通じる美しい英語が話せる

英会話ができない3つの理由 その3

こんにちは。
山本です。


本日も前回に引き続き
「英会話ができない理由」です。


前回は次の3つのベースが無ければ、
リスニング・ライティング・リーディング・


スピーキングでいくら訓練しても
あるいは例え留学したって英会話は
身に付かない事をお伝えしました。


1:英文を瞬時に英語のまま理解できる文法力
2:アクティブ化した語彙力
3:一定レベルの発音力


これは至極当たり前の事なのですが、
ここを見落としている方々が過去の自分も
含めて非常に多いのです。


それではそれぞれ3つのベースを
引き上げる方法を教えます。


【英文法レベルの低さに対処する方法?】


最初に英文を瞬時に英語のまま
理解出来る文法力についてです。


英文法という言葉に抵抗がある方は
英文の構造を理解する力と
解釈されても結構です。


英文法は言葉を操るルールですから
絶対に必要です。


例えばサッカーにルールが
あるのと同じです。


不特定多数が使う言語ですから
ルールがなければとんでもない
ことになります。


英文法は暗記項目というよりも、
理解力あるいは体得している状態が
必要な項目です。


例えば大学受験生が一時的な
大学入試試験の為に暗記した
膨大な知識量とは裏腹に


実践で英語が使えないのはテストの為の
暗記となっている傾向があるからです。


英文法を使う目的はそれが文字情報であれ
音情報であれ、英文を理解し英文を
作り出す為に他なりません。


そして英文はインプット、アウトプットするに
関わらず常にイメージ化できるレベルに
なければなりません。


イメージ化とは単純に言えば、
英文を日本語訳に介さずそのまま頭から
理解できる力です。


その為には日本語訳にしていたり、
学校英語で習ったような文法用語
(現在完了形や仮定法等)で


いつまでも分析・理解している状況で
あってはなりません。


当然ですが、英文を読む・聞く・書く・話す時に
いちいち、不定詞の副詞的用法などと
分析している暇はありません。


しかしある一定時期までは学校英語で
習った英文法も役立ちます。


実は私はかつて学校英語を
否定している人間でした。


中学・高校と英語を学び、受験英語も経験し、
社会人になってからは、英語の教材も
色々試しましたが中々思うようにいかず、


英会話スクールや留学をしても英語が
どうしても上達出来ませんでした。


今考えれば、自分の中に英語回路なる
基礎能力が無かった事が全ての
原因だったのですが、


当時は分かりませんでした。


そして留学から帰国せざるを得ない状況に陥り、
どうしたら良いか模索していた時に
ある韓国人との出会いで道が開けました。


その方の方法を独学で実践してある
一定レベルまで到達しました。


そこが今考えると英語回路が
身についた瞬間でした。


その当時、独学で実践していた
私の中で学校英語にトライした記憶が
1つも無かったので、


学校英語など使えない、
英語は英語で理解する必要性があると
頑なに信じてきました。


今でもその必要性は変わりませんが、
その習得過程は人によって


マチマチだという事を指導する
立場になって分かりました。


例えば、英文をそのまま英語で
理解してもらう為、


更に良い方法は無いかと
模索していたときに出合ったのが
ある先生の書かれた感覚の英文法でした。


これは正に従来の学校英文法の
概念を壊すような内容で、


その先生ご自身も著書で
学校英文法の弊害を説かれています。


私が留学中に身に付けたような
英語を英語で理解する英文法の内容が
言語化されており、素晴らしい!と思い、


それぞれ指導させていただいている方々に
書籍を紹介したり、教えたりしてきましたが、


一部機能したり一部機能しなかったりと
バラバラでした。


もちろん当時は私の指導力不足も
あったかも知れませんが、


原因を色々探るとその場では感覚で
理解した気になるのですが、


腑に落ちる所までどうしても
行かないのです。


そこで私なりにその先生の解説を少し変え、
それをイメージ英文法と位置付けて、
同時に学校英文法も取り入れてみました。


そうするとみるみる実力が上がったのです。


それはなぜかと言いますと、恐らくですが、
左脳的アプローチと右脳的アプローチの両方で
バランスが取れたからだと考えています。


まず論理的・機械的な左脳的
アプローチである学校英文法は知識整理を
するのにとても役立ちます。


しかし論理的・機械的アプローチである
学校英文法だけですと、


意訳する人が多くなったり、
文法用語で分析してばかりで英文に対する
反応速度が遅くなったりするケースもあります。


特に口語(会話)においては
スピードが求められ、


必ずしも学校英文法のような
正しい英文法が使われるという事はありません。


文法的に正しくない英文が話されると、
学校英文法のアプローチのみで
慣れていない人は途端に理解できなくなります。


逆にイメージ英文法ではどうしても
全ての部分をカバーしきれません。


というよりもカバーはできても、
単純に学校英文法のアプローチ
(左脳的な整理)で考える方が楽だし


スムーズだという箇所も分かりました。


ただし学校英文法でもマニアックな内容や
受験英語に偏り過ぎている内容、


実践英語ではあまり使われない
ようなものは外します。


そして一定時期まで学校英文法で
知識整理をしてもらい、


その上で感覚的・映像的な
右脳的イメージ英文法を
かぶせていきます。


この順番ですと「アハッ」体験が
起こりやすく、更に記憶にも定着しやすいので
とても効果的でした。


関係ないかもしれませんが、
世の中は真逆のバランスで
成り立っているものがたくさんあります。


男性と女性が結婚する。
ボケとツッコミで漫才をする。
磁石のプラスとマイナス極。


感覚としてはこの真逆のバランスに
近いかも知れません。


こうして英文法あるいは英文の構造を
瞬時に英語で理解できる文法力が身に付きます。


あるいはどうしても学校英文法に
拒否反応のある人、


または特に「理系」出身の人達などには
あまり学校英文法にも触れさせないように
臨機応変に対応しています。


それは学校英文法のあの意味不明な
文法用語に拒否反応を示していては、
前に進めないからです。


また理系出身者は100点を目指す癖が抜けず、
学校英文法をとことん枝葉末節にまで
こだわってしまう傾向があるからです。


このような人達には直訳技術と呼ぶ方法で
前からどんどん日本語で直訳をしながら、


徐々に英語を混ぜていく方法で前から
英語をどんどん捉えていく手法と
イメージ英文法を交えて、


学校英文法をこなさなくても
できるように対応はしています。


学校英文法を使う、使わないは
どちらでも良いのですが、


何れにしても言葉の並ぶルールを
体得する必要はあるわけです。


しかしそんなルールは無視して
やれば良いという意見もあります。


そう、赤ちゃんのように
英語は学びなさいと。


しかし我々は赤ちゃんではありません。
様々な「思慮分別をしてしまう大人」です。


例えばリスニングを例に挙げると
幼少の頃に英語圏で暮らしていた
帰国子女のような方やネイティブは、


例え読めなくても(読解できる文法力がなくても)、
聞けたり話せたりするケースがあります。


それは「音として英語を幼少時に捉えて、
発展させることが出来た」からです。


しかし我々のような非英語圏で生まれ育ち、
しかもそれが英語と最も遠い言語と
言われる日本語圏ですから、


音として英語を幼少時に捉える事は
不可能なわけです。


だからこそ


"英文を後で読めば直ぐに分かるのに、
その場で聞いて分からない"


ケースってありますよね。


読めば、何だこんな簡単な英文を
言っていたのかなどなど。


このケースなら後は英文とスクリプトを繋げて、
リエゾン(繋がる音)などの音確認をして
音に慣れれば、リスニング力は飛躍的に高まります。


プラス、その音を自らプロデュース
できる(発音)と更に高まります。


しかし・・・


"英文をその場で聞けば直ぐに分かるのに、
後で読んで分からない"


ケースってあり得ませんよね。


要するに非英語圏で生まれ育ち、
ある程度の年齢で英会話をマスター
する人にとっては


読めないものは聞いても
分からないという事なのです。


しかも読んでも直ぐに、瞬時に判断出来る
レベルでなければ、聞いても分からない
という事です。


だからリーディングの力が高いと
聞ける力も高くなるのは当たり前の事なのです
(音と繋げるトレーニングをしている必要はあります)。


その最低限読めるという力には言葉の並ぶ
ルールを体得している事が必要で、


それを学校英文法とイメージ英文法の
2つで被せる左脳的・右脳的アプローチの融合、


または学校英文法を外して、直訳技術と
イメージ英文法の融合がとても効果的なのです。


これで英文を日本語で意訳する癖までもが
自然と無くなるようにもなりました。


意訳する癖がなくなる・・・


これがとっても重要なのです。


中学生のうちから意訳してるから
日本人は英語ができないと断言できます。


意訳するって恐ろしく高度な技術で
無理があることを教育関係者は気づいて
いないor知らないのでしょう。


これはよくよく調べると明治時代の
古文・漢文を現代語に訳す技法から
広まったとも言われています。


そんな古い技法を教育現場に取り入れて
あるいは色々な教材に取り入れて
今だに活用しているという・・・


その辺にあるテキストや教材で
英語と意訳の両方が出ているモノが
あれば見比べてみてください。


この英文・・・
そんな「凄い日本語」じゃないから!


って雄叫びをあげたくなるモノ
ばかりですよ。


まぁ、これだけ言っても意訳を
使いたい人はそれでも良いのですが・・・


そうなるとスピーキングでは
全ての英文を丸暗記しなくては
なりません。


それがどれ程遠い道のりで、
厳しく、しかも覚えたのに直ぐ忘れて
しまう繰り返しです。


あるいはせっかく覚えても使えない・・・
それは応用力が実戦では要求されるからです。


リスニングの時はどうでしょう。


意訳ということは日本語は英語と
真逆の構造なので、


最後まで全て聞き取らないと
分からないということです。


つまり途中で聞きそびれたら
それでアウトです。


瞬時に聞いて英語を前から
どんどん理解するという反応速度は
永遠に身につかないことになるでしょう。


英語の構造は前からどんどん
情報を追加していくパターンです。


せっかくその特性があるのだから、
それを有意義に活用すれば良いのです。


意訳をしているとその特性が活かせない
事は真逆の日本語で理解するから当たり前
なんですけどね。


なぜなら意訳するには英語の特性を
無視して後ろから前にさかのぼって行く
必要があるからです。


これがどれだけ英語のままで
理解する事を妨げているか・・・


興奮してちょっと長くなりました。


残り2つのベースについてですが、
続きはまた次回お届けしますね。


ここまでお読み頂き、
ありがとうございました。


PS:

メール個別指導なら1日約444円という
参加費用で個々の環境や能力に合わせた、


あなただけのカスタマイズされた
英語回路トレーニング指導の募集は


残り1週間(3/3まで)で募集を締切ります。
http://www.gljeigo.jp/training/


もし独学や英会話スクールなどに通って
いても上達に限界を感じているなら・・・


是非英語回路を身につける
その1歩を今すぐ踏み出して下さい。


早い人なら6ヶ月で身につける事
が可能です。


1日5分聞き流すだけ・・・や
英会話スクールにいきなり飛び込んで


英会話をマスターした人などいません。


大人の場合は海外留学したって同様です。


英会話に堪能な人が近くにいるなら
どうぞ聞いてみて下さい。


英語回路があって初めて
英会話はマスターできるのです。


そして英会話を自由に操るようになって
東京オリンピックの時など色々な
外国人と交流しましょう!


海外ドラマや映画を字幕には出て来ない
もっとライブ感ある感情で感じましょう!


既に国境を超えているグローバル社会が
引き起こす格差社会に仕事で負けないよう
今より人生をより豊かにしましょう!


僕はこの世の中から英語難民が消える事を
自分の体験を通して願っています!


個別指導という特徴の為、
残念ながら多くの方々に提供できる
サービスではありませんが・・・


膨大な手間とコストがかかるこの事業を
2008年から継続する理由はよもや
そこにしかありません。


そして既に英語回路を身につけて、
英会話を自由に操る仲間達がいます。


ほんの少し前まで英文法という
言葉にすら拒否反応を示していた、


彼ら彼女らの中には英語を教える事を
仕事にする人達まで出ています。


次はあなたの番です。


あなたが英語回路構築へ1歩踏み出し、
実際のトレーニングでお会い出来る事を
楽しみにしています。


残り1週間(3/3まで)で募集を締切ります。


1日約444円で個別指導が受けられる
↓ ↓
http://www.gljeigo.jp/training/


*既にご参加表明されている方々は
募集期間が終了した後にテキスト発送等の
手順を踏みますのでしばらくお待ちください。



管理人が唯一認めている新しい英語発音法
サイト内の動画(約18分)を見るだけでも価値がある!

----------------------------------------------
 ■90分でネイティヴに通じる美しい英語が話せる
-------------------------------------------------

■発表!ついに新しい英語学習法をジェームス・スキナーが実用化
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 「7つの習慣」など228万部のベストセラー作家でビートたけしの TVタックルなどのメディアでもおなじみのジェームス・スキナー が教える、90分でネイティブに「美しい英語!」と言われる方法(DVD)

 waterの一言も通じなかった男性が 4ヶ月後にはネイティヴと英語で談笑できるようになりました。
 

 サイト内でも洋楽シンガーやラジオDJ、英会話講師、同時通訳者が「こんな英語プログラムが欲しかった」と絶賛しています。

 来年こそ、英語ペラペラになりたいあなた、
 TOEICやTOEFLのスコアをアップさせたいあなた、
 いますぐこちらをクリックしてください


90分でネイティヴに通じる美しい英語が話せる


芸能人の英語力とは?

芸能人・スポーツ選手の英語力・英会話力を勝手に比較するサイトです。



ツイッターをはじめしたので、フォロワー募集中です。

芸能人リスト
 
芸能人のような英語力を目指すなら
 
 
90分でネイティヴに通じる美しい英語が話せる
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
英会話といえば!
ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100―誰もここまで教えてくれなかった使える裏技

英会話フレーズといえば、やはりこの本がベストです。個人的にはかなりおすすめです。
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 
 
 
 
アクセス